oTreeのインストールと起動:

oTreeのインストールは非常に単純です.

Windowsの場合はPowershell,Macの場合はターミナルで以下のコードを打ってください.

pip3 install -U otree

※ 20200115 oTreeのオフィシャルホームページではこのように書かれていますが,こっちの方が良さそうです.

pip install -U otree

これでもうまくいかない場合には,Pathが通っていない可能性があります.

これだけでインストールはできます.

さらに,otreeを起動したい場合は最初に「プロジェクト」を作ります.

デスクトップに移動した後に,以下のコードを打ってください.

otree startproject oTree

このコードによって,いくつかのサンプルとして用意されているゲームを利用することができます.

ちなみに,上のコードではホームディレクトリに「oTree」という名前のディレクトリが作られることになります.

続いて,このディレクトリに移動してあげる必要があります.

cd oTree

移動したら,以下のコードを打ってください.

詳細は改めて書きますが,このコードを打つことでoTreeのデータベースが設定されます.

otree resetdb 途中で,「データベースをリセットするけどいいかい?イイなら"y"を,ダメなら"n"を入力してからエンターを押してください」って言われるので,"y"を入力してからエンターを押してください.

その後に

otree runserver

と打ち込めば,http://127.0.0.1:8000/でローカル(端末上)にてoTreeを動かすことができます.

※20200115最新版だとコードが少し違うようです.

otree devserver

※私はDropbox上にoTreeフォルダを作っています.そうすることでクラウド上でのサーバも動かせるようにしています...

が,そんな話はまた改めて.

========================================================================

ちなみに,この辺の話は以下サイトに書いてあったりします.

http://otree.readthedocs.io/en/latest/index.html

このサイトを参考にして,oTreeの使い方を紹介していきたいと思います.